髪が紫外線で受けるダメージと予防・ケアをご紹介!

1年を通して降り注ぐ紫外線。春から夏は特に注意が必要です。肌への紫外線対策は念入りにしていても、髪の毛の対策は見落としがち。紫外線を浴びると、抜け毛や切れ毛など髪にも大きなダメージがあります。髪への紫外線の影響や、ケアをご紹介します。

紫外線の髪への影響

紫外線で髪にもダメージが

髪の毛も肌と同じように日焼けをします。髪の日焼けは、手触りな見た目に大きく影響するもの。具体的にどのような影響があるのかを解説します。

髪のパサつきや枝毛

髪は主にアミノ酸が結合したタンパク質でできています。その一番外側にあるものがキューティクル。キューティクルとは、毛髪の表面を覆っている部分で、外部のあらゆる刺激から毛髪の内部を守ってくれる役割をしているものです。
髪の主成分であるタンパク質や、水分が失われないように働きかけ、ツヤを与えてくれます。髪にツヤがあり、きれいな人はキューティクルが良い状態で保たれているということ。しかし、キューティクルはもろくて繊細です。紫外線の影響でめくれたり、はがれおちてしまいます。
キューティクルがはがれると、タンパク質や水分、保湿成分が外に流れ出ることに。その結果、髪が乾燥し、パサつくのです。パサついた髪は少しのことで切れたり、枝毛になりやすくなります。

Sponsored Link

髪の変色

髪の毛の内側にも、肌と同じように色をつくる色素であるメラニンが存在します。紫外線にはメラニンを分解する働きがあります。紫外線によってメラニンが分解されると、髪の毛の色が抜けて徐々に赤みを帯びていきます。
プールや海など、濡れた髪のまま紫外線を浴びるとさらにそのダメージは顕著に。カラーリングをしている髪はメラニンが少ないため、紫外線の防御力が低下しており、さらに影響を受けやすいので注意が必要です。

頭皮へのダメージ

髪の毛と切っても切り離せないのが頭皮。頭皮も皮膚なので、紫外線によって肌の構造が壊れてしまいます。紫外線は皮膚を保護している保護膜を酸化させてしまいます。
頭皮が酸化すると、肌と同じように赤くなったり、毛穴の炎症に繋がります。毛穴が炎症すると皮脂が多くなり、毛穴が詰まってしまうことも。その結果、毛髪を作る毛母細胞の働きが制限され、薄毛の原因になります。
さらに、毛根の中にある色素細胞がダメージを受けると、白髪の発生も促すことに。肌のシミやたるみと同じように、薄毛や白髪は一気に見た目の年齢を上げてしまいます。若々しさを保つために、紫外線対策は欠かせないのです。

紫外線の予防

まずは予防することが大切

髪には肌のように再生・修復する能力がありません。ダメージを受けた髪は元に戻ることがないので、まずはしっかりと予防することが大切です。

髪にも日焼け止めを

春から夏になると、肌に日焼け止めを塗る人が多いでしょう。髪の毛にも日焼け止めを塗って対策しましょう。髪にはスプレータイプのものが使えます。
ヘアスタイルを作ったあとにかけても、ミスト状になっているのでスタイルを崩す心配がありません。頭頂から毛先までまんべんなくスプレーをすることが大切。頭皮にも忘れずにスプレーしましょう。また、肌の日焼け止めと同じように、こまめにスプレーし直す必要があります。


肌にも髪の毛にも使えるUVスプレー。オレンジフラワーとジャスミンの香りでヘアフレグランスの役割も担ってくれることが特徴です。外部の気になる臭いからも守ってくれることが嬉しいポイント。まんべんなくスプレーしても髪の毛がきしむことがありません。


SPF50+、PA++++の強力なUVカット効果があるスプレー。紫外線を長時間にわたってカットしてくれます。ノンシリコン処方で髪に優しく、スプレーしても白くなりません。小さめのサイズなので持ち運びにも便利。山桜の香りです。

いち髪 さらツヤつづく和草UVカットスプレー 50g

いち髪 さらツヤつづく和草UVカットスプレー 50g

990円(09/19 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています


体にも髪にも使えるタイプの日焼け止め。SPF50+、PA++++で日焼け止め効果もしっかり実感できます。上品な花束の香りで、フレグランススプレーとしても使えます。
Le ment (ルメント) フレグランスUV スプレー

Le ment (ルメント) フレグランスUV スプレー

1,540円(09/19 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

帽子をかぶる

帽子をかぶって、直接紫外線を浴びないようにすることも大切なポイント。UVカットの効果があるものも多く発売されています。紫外線を浴びる髪の毛の面積を少なくすることも大切。
ロングヘアの場合、頭頂部は守れてもおろしている髪は紫外線を受けてしまいます。徹底的に紫外線を浴びないようにするのであれば、髪の毛はまとめておくことがおすすめ。下の方でおだんごにしておけば、紫外線が当たる面積が少なく済みます。
帽子のつばにまとめた髪が隠れるようにすることがポイントです。レジャーのときなど、長時間にわたって紫外線を浴びるときは日焼けカバーつきの帽子が最適。
後ろ髪用のカバーがついているものは、髪の毛だけでなく、日焼けしやすい首の後ろも守ってくれます。


長めのつばが360度紫外線から守ってくれます。吸汗性を備えているコットンを採用しているので汗で頭が蒸れる心配もありません。ワイヤーで調整できることが嬉しいポイント。自分の頭の形に合わせて帽子の形を変えることができます。使わないときはコンパクトにたためてバッグにしまっておくことができるので邪魔にならず便利。洗えるので清潔感を保つことができます。

UVカット帽子 つば広  レディースハット

UVカット帽子 つば広 レディースハット

1,580円(09/19 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています


すっぽりと頭をおおってくれる帽子。麦わら帽子タイプになっていて、見た目もおしゃれなので紫外線対策とおしゃれを同時に楽しみたい人にぴったりです。黒のリボンがアクセント。調整ベルトがついているので、頭の形に合わせて調整可能です。

レディース麦わら帽子夏用UVカットビーチ

レディース麦わら帽子夏用UVカットビーチ

4,884円(09/19 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

日傘を差す

日傘は髪の毛だけでなく、体を含めた広範囲の紫外線対策に有効的です。日傘もさまざまな種類があり、おしゃれの一貫として取り入れることができます。
晴雨兼用のものであれば日傘としてだけでなく、折り畳み傘としても使えて便利です。また、ヘアアレンジを崩したくない人にもおすすめ。帽子をかぶるとどうしても頭頂部の髪がつぶれてしまったり、アレンジが崩れがちです。
日傘があればそのような心配がないので、好きなヘアスタイルを楽しめます。日傘を選ぶポイントはUVカット率。紫外線遮蔽率と表示されているものもあります。
その数値が高ければ高いほど紫外線カットに効果的であることを示しています。日傘を購入する際は、気にするといいでしょう。
もうひとつに遮光率があります。遮光率とは、目に見える光を遮ってくれる割合のこと。数値が高いほど日陰効果があるので、暑さ対策には欠かせない数値です。UVカット率と合わせてチェックしましょう。
足元からの照り返しにも注意が必要。アスファルトなどには日光を跳ね返す力があり、照り返しで日焼けしてしまうことも。日傘の内側は黒や紺色など濃いものを選ぶようにしましょう。
日傘は数年に一度買い替えることも大切。UVカットの効果は永遠ではなく、日が経つにつれて薄れてしまいます。2〜3年に一度は買い替えるようにしましょう。


日傘というと黒いイメージが多いかもしれませんが、明るい色が好みという人にはおすすめの日傘。かわいらしい柄もついているので明るい気分になれます。晴れでも雨でも使えるのが嬉しいポイント。夏は特にゲリラ豪雨など突然の雨が多いものです。ひとつバッグに忍ばせておくと安心ですね。UVカット率は50以上、100%の遮光率で熱を遮断。紫外線対策とともに暑さ対策をしたい人におすすめです。
Cuby 折りたたみ傘 ワンタッチ自動開閉

Cuby 折りたたみ傘 ワンタッチ自動開閉

1,880円(09/18 13:47時点)
Amazonの情報を掲載しています


最大の特徴はコンパクトなサイズ。荷物の邪魔にならず、小さめのバッグにも入るので持ち運び便利です。重さも250gと軽量。優れた効果でも重いと持っているのが億劫になってしまいます。雨で濡れてしまった傘をしまうのに大変便利です。
日傘 折り畳み傘超軽量250g 晴雨兼用

日傘 折り畳み傘超軽量250g 晴雨兼用

1,599円(09/19 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

紫外線のヘアケア

日頃のケアが大切

紫外線のダメージは髪だけでなく頭皮にも大きな影響を与えます。夏場は特に丁寧なヘアケアで紫外線を浴びた髪をいたわりましょう。日頃のケアは、紫外線を浴びてしまった髪のアフターケアにもなります。

ブラッシング&素洗いを忘れずに

夏場だけでなくどの季節にもいえることですが、外気に触れた髪の毛には目に見えないほこりや、頭皮から出た油分がたくさんついています。
シャンプーをする前にブラッシングと水でのすすぎ洗いをするだけでも、見えないほこりは落ちてくれます。頭皮まで丁寧に素洗いすることで髪の毛についている約8割の汚れを落としてくれるのです。
シャンプーとトリートメントの効果をより高くするためにも、2つの事前準備はしっかりと行いましょう。ブラッシングすることでからまっている髪の毛をとる役割もあるので、切れ毛や抜け毛を防いでくれます。

UVカット効果や保湿効果があるシャンプーを

気をつけたいのはやはりシャンプーの種類。熱から髪を守る役割のあるものや、保湿効果のあるものを選びましょう。髪の日焼けの防止にも、既に紫外線を浴びてしまった髪のケアにもなります。


紫外線だけでなく、アイロンによる熱ダメージからも保護してくれるシャンプー&トリートメント。ホホバ種子油など天然由来成分を配合しているのでキューティクルを守ってくれる働きがあります。ノンシリコンシャンプーなので頭皮にも優しく、安心。髪のパサつきに悩む人におすすめです。
ナプラ ケアテクトHBリペア シャンプー&トリートメント

ナプラ ケアテクトHBリペア シャンプー&トリートメント

2,341円(09/19 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています



天然由来成分を90%配合しているシャンプー。紫外線のほかにも食生活やストレスによって頭皮の状態は日々変化していきます。さまざまな外部からの刺激によって乾燥やかゆみが引き起こされる頭皮。髪の毛と頭皮を同時にケアしてくれるので髪のダメージが気になる人におすすめです。洋梨とユリの香りでリラックスできるバスタイムになりますね。



プロビタミンB5が潤いを与え紫外線による褪色を軽減します。うねりやパサつきが気になる方にもおすすめ。朝でも夜でも使える、洗い流さないトリートメントで使いやすいですね。アフターケアとしてもぴったり。熱から守る効果もあるので、ヘアアイロンを毎日使う人にもおすすめ。
夏に使用するのにぴったりなシトラス&ホワイトフローラルのさわやかな香りです。
INVIGO サン プロテクションクリーム

INVIGO サン プロテクションクリーム

1,138円(09/19 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

洗ったあとはしっかり乾かす

夏は特に暑いので、ドライヤーをかけることが億劫になることもありますよね。また、ドライヤーの熱は髪に悪影響を与えると考える人もいるのではないでしょうか。
ドライヤーは正しい使い方をすれば問題ありません。濡れた髪をそのままにしておいて自然乾燥させるほうが髪に悪影響を与えます。濡れた髪はキューティクルが開いている状態。雑菌が繁殖してフケやかゆみの原因になることもあります。
髪を乾かすことでキューティクルが閉じた状態に。まずはタオルドライで髪の水分をしっかりと拭き取ってからドライヤーをかけましょう。タオルドライはゴシゴシとしないことがポイント。優しく丁寧に水分を拭き取りましょう。
ドライヤーと髪の毛は10cm程度離し、まんべんなく乾かすことが大切。キューティクルは根元から毛先に向かっているので、その流れに沿って乾かしましょう。

まとめ

意外と見落としがちな髪の毛の紫外線対策についてご説明しました。日焼けというとどうしても肌に目がいきがちですが、髪の毛の傷みは全体の見た目に大きな影響を与えます。春や夏に向けてしっかりと紫外線対策をして、ダメージ知らずの美髪を目指しましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)