BBQの人気食材、定番から変わり種まで!女子ウケする食材アイデア

   

BBQの用意をするとき、一番悩むのが「食材」ではないでしょうか。どんな食材がいいのか、どれくらいの量が必要なのか、難しいですよね。
そこで今回は、BBQの人気食材をご紹介していきます。定番のものから変わり種まで、おすすめの食材を幅広く集めました。

BBQに欠かせない!お肉系食材

まずは、BBQの主役・お肉からチェックしていきましょう。

BBQの定番!牛肉

牛肉はBBQのマスト!

・牛タン
やわらかくておいしい牛タン。BBQなら厚切りにして焼くのもおすすめです。さっぱりした味付けで食べられるので、女性にもおすすめですよ。
おすすめの食べ方:炭火焼き、レモンや塩タレで食べる
・牛カルビ
牛カルビと言えば、焼肉やBBQの大定番ですよね。脂身が豊富で甘く、やわらかくていい香りが食欲をそそります。タレだけだと飽きやすいので、わさびなど薬味を変えたり野菜で包んだりして、食べ方を工夫しましょう。
おすすめの食べ方:炭火焼き、わさびと塩で食べる、サンチュで包んで食べる
・牛ハラミ
牛ハラミもBBQに欠かせないお肉。高たんぱく低カロリーで女性にもおすすめなヘルシー食材です。やわらかくて食べやすいのも人気の理由。
おすすめの食べ方:炭火焼き、塩コショウで食べる
・牛サーロイン
ステーキに使われることが多い牛の背中部分・サーロイン。スーパーなどでも手軽に購入できます。贅沢に厚切りにして、豪快に頬張りたいですね。
おすすめの食べ方:炭火で焼いたステーキ、ガーリックソース
・牛ヒレ
サーロインよりも内側にある牛ヒレ。とにかくやわらかく、ヒレナカと呼ばれる部分はシャトーブリアンとしても親しまれています。贅沢なBBQにしたいときにおすすめです。
おすすめの食べ方:鉄板焼き、塩コショウなどシンプルな味付けで

Sponsored Link

みんな大好き!豚肉

ジューシーな豚肉

・豚トロ
焼肉の人気メニューでもある豚トロ。とにかく脂身が豊富で、豚トロならではの旨味と食感が人気です。ただし、女性や高齢の方の中には苦手な方も多いので注意しましょう。
おすすめの食べ方:炭火焼き(燃えやすいので要注意)
・豚ロース
豚ロースは、豚の筋肉部分。赤身と脂身のバランスがよく、さっぱりおいしく食べられます。厚さによって楽しみ方が変わるのも魅力で、そのままはもちろん、いろんなメニューにアレンジしやすいのも魅力です。
おすすめの食べ方:炭火焼き、オーブン焼き、ホイル焼き
・豚バラ
普段の食卓でも使用することの多い豚バラ。BBQでも、深い味わいが楽しめると大変人気です。豚ロースと同様、厚さ次第でいろいろなメニューにアレンジできます。
おすすめの食べ方:炭火焼き、ローストポーク、燻製、野菜を巻いて食べる
・豚スペアリブ
豚肉の中でも特にBBQにおすすめなのが、豚スペアリブ。肋骨周辺の赤身肉なので、コクや風味がとても豊かです。見た目も派手でBBQにぴったり!
おすすめの食べ方:炭火焼き、ホイル焼き、はちみつで食べる

女性におすすめ・ヘルシーな鶏肉

おいしくてヘルシー!

・鶏モモ
唐揚げや焼き鳥など、人気の鶏肉料理に使われることが多い鶏モモ。パリパリの皮とふっくらした食感で万人受けする食材です。鶏の皮は、炭火との相性もばっちり!子供たちにも大人気ですよ。
おすすめの食べ方:炭火焼き、鉄板焼き、串焼き
・鶏ムネ
ヘルシー食材としても人気の鶏ムネ。くせのないたんぱくな味わいなので、味付けを自由自在に楽しめます。お子さま向けなら甘めに、アルコールのおつまみには辛めに。濃い味の方がおいしいですよ。
おすすめの食べ方:ホイル焼き、濃いめのソースをかけて食べる
・ササミ
ヘルシー志向の方が多いBBQなら、ササミも外せませんね。ムネ肉と同様に、炭火で焼くとパサつきやすいので注意が必要です。
おすすめの食べ方:燻製
・手羽先手羽元
鶏肉を取り上げるなら、手羽先・手羽元は欠かせません!大人から子供まで大人気のメニューなので、ひとり1本ずつは用意しておきたいですね。
おすすめの食べ方:炭火焼き、味付けは塩コショウのみで、カレー風味など下味をつけてもOK

通販OK!お肉の加工食品は子供にも人気

子供も大好き

・ウインナー
パリッと焼いた皮とジューシーな香りが魅力的なウインナー。加工食品の中でも特に人気、かつ定番のメニューです。お子さま向けにもおつまみにもなるので、ぜひ用意しておきましょう。
おすすめの食べ方:炭火焼き、チーズフォンデュ、ホットドッグ、ピザ
・ハム
普段の料理でも出番の多いハム。BBQでも使い方はさまざまです。厚切りのハムなら、じっくりそのままの味をたのしみたいですね。薄いスライスハムは、パンやチーズなどと一緒に食べるといいでしょう。
おすすめの食べ方:炭火焼き、ホットドッグ
・ベーコン
ベーコンもBBQの人気食材のひとつ。豚バラブロックを購入し手作りしても良し、スーパーや通販などで購入したものを使っても良し。せっかくのBBQ!いつもより少し高めのベーコンを使いたいですね。
おすすめの食べ方:炭火焼き、ホイル焼き

お肉の量はどれくらい必要?

お肉は余っても困る…

BBQに必要なお肉の量の目安は、大人1人あたり200~300グラムとなっています。
男性や若い方が多いバーベキューでは少し多め(1人あたり400グラム)に考えておくと安心ですね。お酒を飲む方は、お肉はつまむ程度でがっつり食べない方も多いので、少なめでも問題ありません。ただし、お肉が少ないとがっかりさせてしまうので、お酒中心のBBQでも、最低でも1人あたり200グラムは用意しておきたいですね。
小学生以下のお子さんは、1人あたり150~250グラムくらいが目安になります。中学生以降は、大人と同じくらいの量と考えて問題ありません。
こうした目安をもとに全体量を計算し、どんな部位をどれくらい購入するか決めていきましょう。

たっぷり食べよう!野菜系食材

続いての食材は、野菜!女性や高齢の方が多いBBQでは、少し多めに準備しておきたいですね。

BBQ定番の野菜は?

女性が多いなら野菜は必須!

・キャベツ
お肉の味に疲れたとき、自然と手が伸びるキャベツ。BBQ定番の野菜のひとつです。生でもOKですし、火を通して調理してもOKです。
おすすめの食べ方:塩キャベツ、炭火焼き、ホイル焼き、ホットドッグ、焼きそば
・玉ねぎ
タレとの相性もいい玉ねぎも、BBQに欠かせない野菜のひとつ。熱を加えると甘くなるので、BBQ向きと言えます。もちろん調理に使ってもOK!いろいろなメニューに登場する万能野菜です。
おすすめの食べ方:炭火焼き、ホイル焼き、焼きそば
・にんじん
彩り要素としてBBQに登場することも多いにんじん。炭火で焼くときは、水分を飛ばし過ぎないような工夫が必要です。新鮮なものであれば、ソースをつけて生で食べるのもいいかもしれませんね。
おすすめの食べ方:ホイル焼き、蒸し焼き、にんじんスティック、チーズフォンデュ
・とうもろこし
女性や子供にも大人気の野菜・とうもろこし。BBQでも定番の野菜ですね。炭火焼きなら香ばしく、ホイル焼きならとうもろこしならではの食感を楽しめます。
おすすめの食べ方:炭火焼き、ホイル焼き
・かぼちゃ
彩りをプラスする意味でも取り入れたい、かぼちゃ。女性に人気の野菜のひとつです。焼肉やBBQでも定番の食材。火が通りにくいので、薄く切っておくのがおすすめです。ダッチオーブンを使って、思い切ってまるごと焼いてみるのもアリですよ。
おすすめの食べ方:ホイル焼き、炭火焼き、ダッチオーブン、チーズフォンデュ
・ピーマン
子供には不人気かもしれませんが、ピーマンもBBQ定番の食材ですよ。ピーマン独特の風味や食感は、BBQの良いアクセントになります。みずみずしく肉厚なものを選びたいですね。
おすすめの食べ方:炭火焼き、ホイル焼き
・しいたけ
BBQ定番のきのこ類と言えば、しいたけでしょう。ご高齢の方にも人気の食材です。しいたけの香りと味を存分に楽しむためには、塩や醤油などシンプルな味付けがおすすめ。ソースやチーズなどと合わせてもいいでしょう。
おすすめの食べ方:炭火焼き、塩や醤油で食べる、チーズフォンデュ

BBQによく合う!おすすめ野菜

BBQにぴったりな野菜とは?

・じゃがいも
BBQでじゃがいもと言えば、じゃがバター。じゃがいものホクホク食感とバターのコクは、大人から子供まで大人気です。おつまみにもぴったり!素材の味を楽しんでも良し、ソースなど味付けを変えて楽しんでも良しです。
おすすめの食べ方:ホイル焼き、バター以外ではチーズや味噌などもおすすめ
・エリンギ
しいたけと同様に人気のエリンギ。独特の食感は若い女性を中心に大人気の食材です。肉厚の軸は歯ごたえも十分。火の通りが良いので焦げ付きには要注意です。
おすすめの食べ方:炭火焼き、チーズフォンデュ、アヒージョ
・枝豆
おつまみとしてはずせない枝豆。食べやすいので子供にも大人気です。お酒ありのBBQなら、ぜひとも用意しておきたい食材。塩をまぶしてホイル焼きすれば、アウトドアでもいつもの味が楽しめます。
おすすめの食べ方:ホイル焼き
・アスパラガス
お弁当のおかずにもよく使われるアスパラガス。BBQでもさまざまにアレンジして楽しむことができますよ。そのまま焼いてもいいですし、お肉やベーコンで巻いてもいいでしょう。
おすすめの食べ方:ホイル焼き、炭火焼き、肉巻き・ベーコン巻き、マスタードソースやマヨネーズで食べる
・ネギ
和の食材のイメージもあるネギ。もちろんBBQでも大活躍しますよ!パサつかないように、大きめにカットするのがポイントです。じっくり火を通して、甘味とトロトロの食感を楽しんでみてください。
おすすめの食べ方:炭火焼き、串焼き、肉巻き
・トマト
こってりしたメニューの多いBBQには、ぜひトマトを。冷やしたトマトは、お口直しにもなりますよ。女性や子供にも人気の食材です。もちろん焼いて食べてもOKです。
おすすめの食べ方:そのまま食べる、炭火焼き、ホイル焼き

お肉と一緒に楽しむ野菜

お肉の味変に!

・サンチュ
焼肉屋さんでは定番のサンチュ。女性にも人気の野菜ですね。シャキシャキとした食感のサンチュで包めば、こってり味のお肉もさっぱり。白髪ネギやお味噌、キムチなども合わせて用意しておきましょう。
おすすめの食べ方:お肉を巻いて食べる
・大葉
さっぱり食べたくなったときに役立つのが大葉。すっきりとした味わいは高齢の方にも人気です。刻んで薬味として使用したり、お肉と挟んで「ミルフィーユ」にしたり。BBQの良いアクセントになってくれるでしょう。
おすすめの食べ方:薬味(トッピング)

野菜の量はどれくらい必要?

野菜のちょうどいい量って?

BBQに必要な野菜の量の目安は、大人1人あたり100~150グラムとなっています。お肉やお魚など他の食材の量が多い場合は、少なめ(50~100グラム)で用意しましょう。ただし、女性や高齢の方が多いBBQでは、野菜の量を減らし過ぎないように注意してください。
野菜の種類は、5~6種類を目安に。多すぎる分には問題ありません。ただし、おつまみ系や薬味系の野菜は、別で考えておきましょう。

BBQの幅が広がる!シーフード系食材

続いては、シーフード系の食材をご紹介していきます。

BBQには貝類が人気!

どの貝にする?

・サザエ
BBQの貝類の大定番・サザエ。壺焼きはおつまみにもぴったりです。焼き過ぎると身が縮まって固くなってしまうので注意してください。
おすすめの食べ方:炭火焼き
・牡蠣
牡蠣もサザエと同様、BBQにぴったりの海鮮食材。「海のミルク」とも呼ばれる濃厚なエキスは、ご高齢の方にも大変人気です。
おすすめの食べ方:炭火焼き
・ほたて
貝類の中では比較的価格も安く手に入るほたて。香り豊かで味も良く、人気の高い食材です。そのまま焼いてもいいですし、バターを入れて焼いてもいいでしょう。
おすすめの食べ方:炭火焼き
・アワビ
ちょっと贅沢なBBQにしたいなら、ぜひアワビを。鮮度にこだわって選びたいですね。アワビは火を通している過程も楽しめるのでおすすめです。
おすすめの食べ方:炭火焼き

貝だけじゃない!BBQで食べたい海の幸

シーフードバーベキューもアリ!

・エビ
子供にも人気のエビ。価格や種類もさまざまなので、予算に合わせて選べます。殻のまま焼ける手軽さも魅力。塩でじっくり焼き上げましょう。
おすすめの食べ方:炭火焼き、チーズフォンデュ、アヒージョ
・イカ
おつまみにもなるイカは、BBQの定番食材。香りを楽しむためには、先に味付けをして焼くのがポイントです。そのままはもちろん、焼きそばなどの具材としても使えます。
おすすめの食べ方:炭火焼き、醤油ダレで食べる、焼きそば
・ホッケ
シーフードを主役にしたいときは、ホッケの干物がおすすめ。生魚から調理するのは難易度が高いですが、干物であれば調理も楽チン。ごはんのおかずにもぴったりです。
おすすめの食べ方:炭火焼き

シーフードの量はどれくらい必要?

主役は海鮮?お肉?

シーフード中心のBBQにするなら、200~300グラムを目安に用意しましょう。お肉とシーフードのBBQにするなら、お肉より少し少なめの150~200グラムが目安です。
野菜やごはん系もあるなら、大人1人あたり100グラム前後でOK。シーフードは1品でも存在感のあるメニューが多いので、品数自体は少なくても問題ありません。その他のメニューと合わせて調整していきましょう。

変わり種食材&メニューで、ひと味違うBBQに

最後に、変わり種食材をご紹介します。ひと味違うBBQにしたいとき、ぜひ取り入れれみてください。

BBQの主役に!メインディッシュ

一工夫で豪華BBQ!

・ハンバーグ
子供にも人気のハンバーグ。炭火で焼いたら、いつもとは違うハンバーグになりますよ。ソースは後がけでOK。ホイル焼きにして、煮込みハンバーグにするのもいいですね。下ごしらえが大変なら、通販でチルドハンバーグを購入すると便利です。
・チーズフォンデュ
若い方が多いBBQなら、チーズフォンデュもおすすめ。たくさん食べたいときは小鍋を用意して、少しでいいときはアルミホイルでも十分です。お肉や野菜、シーフードなどいろいろな食材で楽しめるので、パーティーにもおすすめです。
・アヒージョ
チーズフォンデュと同様、パーティー向けのメニュー・アヒージョ。お酒のおつまみにもぴったりです。野菜やきのこ、魚貝だけでなく、バゲットの用意も忘れずに。

ガッツリBBQに。主食系

主食系メニューも大事

・パン類
BBQと言えば、ごはんやおにぎりが定番ですが、パン類もおすすめですよ。食パンでサンドウィッチにしたり、専用のパンでホットドッグやハンバーガーを作ったり。ナンやトルティーヤなども人気です。BBQの食材で自由に作れるので、パーティーにもぴったりですね。
・カレー
思い切ってカレーを作ってみるのもアリ!みんなで作るのも盛り上がるメニューです。火を通すのに時間がかかるので、最初に準備しておきましょう。
・ピザ
みんなで作るなら、ピザもおすすめ。生地作りにも時間がかからないので、ピザ作りが初めての方でも簡単にできます。焼くときは、フライパンやスキレット、ダッチオーブン、アルミホイルなどを使います。生地は薄めの方がカリっと早く焼けるのでBBQ向きです。
・パエリア
おしゃれなBBQにしたいなら、パエリアに挑戦してみませんか?手間がかかりそうですが、意外と簡単に作れます。専用トレーがないなら、アルミホイルでも代用可能。食材を入れて放置するだけでいいので、他の食材を調理しながら用意できます。
・お餅
BBQにはお餅もおすすめ。炭火との相性もいいので、ぜひ試してみてください。余った食材や薬味、調味料と合わせてもOK!おやつ感覚でも楽しめます。

まとめ

BBQは食材が重要です。定番から変わり種まで、いろいろな食材を用意して、楽しいバーベキューにしましょう!

Sponsored Link

 - アウトドア, フード ,