気をつけて!危険なデトックス方法とデトックス効果を出す3つのポイント

      2018/09/25

デトックスとは体内に溜まった老廃物(毒素)を排出して肌質の改善やダイエットに役立てる美容健康法です。身体と心に嬉しい効果が期待できるデトックス。しかし、間違ったデトックス方法を実践して、お肌や身体のバランスを崩してしまう人もいます。正しいデトックス方法のポイントを押さえて、身体の内側からきれいになりましょう!

今さら聞けない!そもそもデトックスとは?

デトックスとは、「解毒」のこと

よく耳にするけど知っているようで知らない…デトックスについて、こんな風に思っている人も多いのではないでしょうか。まずはデトックスの意味を理解しておきましょう。

Sponsored Link

デトックスとは毒素を排出する美容健康法

デトックスとは美容/健康法の一種で、体内に溜まった老廃物(毒素)を排出し、身体やお肌の調子を整える方法です。1960年~1970年代のアメリカで、戦争に化学兵器が使用されたのをきっかけに、負傷者を「解毒」するための手法として開発された、という説があります。

そのルーツは東洋医学やインド医学のアーユルヴェーダだとする説もあり、原型は数千年前にできたといわれています。デトックスの起源には諸説ありますが、長い歴史があるといえるでしょう。

「毒素」とは身体に本来必要ないもの

デトックスを語るうえでは「毒素」の存在が欠かせません。デトックスにおける毒素とは、医学用語ではなく、体に有害なもの全般を指します。体内に蓄積した老廃物や、老化の原因となる活性酸素。そのほか、食べ物と一緒に取り入れてしまう食品添加物や農薬など。
さらに、内臓だけでなくお肌の老廃物も、毒素に含まれます。「身体にとって本来は必要ないもの」という意味で、体内脂肪などを含む場合もあります。つまり毒素とは、いずれも私たちの美と健康を妨げる困った存在なのです。

デトックスにおける解毒のメカニズム

毒をためないことが大事


私たちは日々暮らしていくなかで、知らず知らずのうちに毒素をため込んでしまいがちです。デトックスの目的は、解毒(detox)によって体を内側からきれいにすること。解毒が起こるメカニズムは、主に2つあります。

循環をよくして毒素をため込まない身体に

身体には本来、体内にある不要物を排出する機能が備わっています。しかし、忙しくて生活リズムが乱れたり運動不足になったりすると、循環機能が減退してしまう場合があります。血行不良に陥り、身体のめぐりが悪くなると、肥満や冷え性につながる恐れも。

適度な運動を盛り込んだデトックスでは、しっかり汗をかくことで、身体のめぐりを改善する効果が期待できます。循環機能を活性化さ、毒素をため込まない身体づくりに役立ちますよ。

Sponsored Link

「ためる」を控えて「出す」に集中

身体にたまった毒素を排出するためには、毒素が外から侵入するのを防ぐことが大切です。気を付けたいのが食品添加物を含んだジャンクフードや、砂糖をたっぷり使用したお菓子類など。デトックスでは身体に害を及ぼす食品を控えて、毒素排出に専念することが基本です。

それと同時に、排便リズムを整えて、不要なものを「出す」ことも重要。つまり、毒素を「ためる」行為を減らし、積極的に体外へと「出す」ことがポイントなのです。

デトックスの嬉しい美容効果3つ

デトックスで身体の機能も向上していいことづくし

デトックスに取り組むことで、どのような効果が得られるのでしょうか?こちらでは、代表的な3つの効果についてご紹介します。

お肌がトーンアップ!つるつるに

デトックスは血行を促し、お肌の新陳代謝を活発にする効果が期待できます。お肌のターンオーバーが促進されると、乾燥やニキビにも効果的。忙しくてお肌のメンテナンスができていない人は、デトックスすることでつるつるの美肌が手に入るかもしれません。

脂肪燃焼してダイエット効果も!

デトックスにはダイエットも期待できます。老廃物排出し代謝がアップすれば、より効率的に脂肪を燃焼させることができます。
ダイエットをしたくても、ハードな食事制限やトレーニングを継続するのは難しいですよね。なかなかダイエットの効果が得られなくてお悩みの人は、デトックスを取り入れることで、突破口が開けるかもしれませんよ。

スッキリ気分爽快!メンタルにもいい影響

デトックスの効果はお肌や身体の調子を整えるだけではありません。身体の中が解毒されるのと同時に、心もスッキリするという声が多数寄せられています。身体の状態と心の状態は表裏一体です。肌荒れなどのお悩みが改善すれば、心も軽くなりますよね。

また、デトックスによって「頑固な便秘が改善して、気分的にもスッキリした」という体験談もあります。心のメンテナンスやストレス解消に役立つことも、長年にわたってデトックスが愛されている理由でしょう。

デトックスはまさに、内側からきれいを作るための方法なのです。

そのデトックス方法は危険!NGな例

水分の摂りすぎに注意


女性を美しく、健やかにしてくれるはずのデトックス。しかし、間違ったデトックス方法を実践すると、かえって逆効果になってしまう恐れがあります。デトックス方法のNG例を押さえておきましょう。

大量の水分摂取はかえって危険!

デトックス方法としてよく挙げられるのが「水分をたくさん摂る」ということ。汗をかき、身体のめぐりをよくするためには水分補給が欠かせません。
しかし、一度に大量の水を飲むと危険な場合もあります。特に心臓や腎臓の働きが弱まっている人は、過剰な水分によって体液が薄まり、血中のナトリウム濃度が低下することで、中毒症状を引き起こす危険性があるのです。
また、過剰に摂取した水分を排出しきれず、体内にとどまると、むくみにつながってしまいます。手足がむくんでパンパンになるのは避けたいものですよね。

流行りのデトックスウォーターは、ここに注意!

デトックスウォーターにも注意が必要


色鮮やかなフルーツや野菜をお気に入りの容器に入れ持ち歩く。セレブから火がついたデトックス方法です。もともと大量の水を飲むことは、かなり意識しないと難しい上に無味無臭のお水だと飽きることもありますね。

このデトックスウォーターは、いろんな味や色を楽しめるバリエーションもあり、何よりおしゃれ。メイソンジャーに入れたり、100円ショップでも買えるマイボトルに入れてインスタグラムに投稿する楽しみもありますね。
けれども、そんないいことづくしに見えるデトックスウォーターにも気をつけたいこともあります。
それは、食材に残る「農薬」

農薬が残る皮ごと入れることも多いため、デトックスどころか、毒を取り入れることになってしまうのです。

では、どうすればいいかというと、安心な無農薬の果物や野菜を使うようにしましょう。
また、保存が効かないため24時間以内に飲みきることもポイント

正しい方法を取り入れて、健康を損なうことがないように気をつけたいですね。

Sponsored Link

栄養不足でお肌がボロボロ?乾燥肌に

デトックス方法のひとつとして「断食」があります。半日~数日間にわたって食事を控える方法で、水以外は一切口にしないという厳しいものから、果物だけ食べるというものまで、さまざまです。

「内臓の中がリセットされる」として、海外でも愛好家の多いデトックス方法ですが、危険もあります。身体に必要な栄養をシャットアウトしてしまうことでめまいやだるさを感じたり、自律神経が乱れてストレスを感じたりするケースも。

さらに、お肌のハリを保つために必要な脂質が不足すると、お肌が乾燥する原因になります。自己流の断食は身体にもお肌にもデメリットが多いのです。週末だけジャンクフードや肉類を控える、専用のドリンクのみにするなど、少しずつ取り入れるのがおすすめ。

回復食で、一気に食べ過ぎ、返って過剰なカロリー摂取につながってしまうこともしばしば。具なし味噌汁や重湯から口にするようにしましょう。強い意思を持ってしても、回復食は難しいもの。回復期間も含めて計画するようにしましょう。

3日間以上の長い断食は、専門家に相談のしながら実施するようにしたいものですね。

果物や生野菜で冷え性が加速?

果物と野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、デトックス中に積極的にとりいれたい食べ物です。しかし、これらも摂りすぎは禁物。果物には糖質もたくさん含まれてしますし、大量に摂取すると身体を冷やし、冷え性につながる恐れがあります。

果物だけでなく野菜にもご注意を。サツマイモやカボチャなど糖度が高い野菜は、摂取量を調整したいものです。サラダやスムージーによく使用する、キュウリやトマトにも身体を冷やす作用があります。果物や生野菜ばかりを食べるのは控えましょう。

身体にやさしいデトックス方法のポイント

毎日の食事がやはり基本


デトックスで内側からきれいになるためには、身体に優しく・穏やかなデトックス方法がおすすめです。身体にダメージを与えにくいデトックス方法のポイントは、次の3つです。

ポイント(1)水分補給は量より回数を意識

健康な成人女性が1日に必要とする水分の目安は1.5リットル~2.0リットルといわれています。しかし、これはあくまで目安で、必要な水分量には個人差があると指摘されています。水分補給は量を意識するのではなく、頻度に注目しましょう。

1日のうちに7~8回ほど、食事中や、のどが渇いたタイミングで水分補給を行うのが理想です。特に「食間」の水分補給を忘れずに行いましょう。最後に食事をとってから2時間ほど経ったら、コップ1杯の水を。お仕事がある日もこのタイミングで喉を潤して、一息いれましょう。

ポイント(2)炭水化物と脂質も取りいれて

デトックスの天敵ともいわれるのが炭水化物と脂質です。確かに過剰に摂取すると肥満の原因になりますが、全く摂らないのは考えものです。
お米には亜鉛や鉄分、カルシウムなど栄養が豊富に含まれています。デトックス中は食物繊維の多い玄米や発芽玄米、雑穀米などを取り入れるのがおすすめ。便秘解消に役立ちますよ。

サバやイワシの脂に含まれるオメガ脂肪酸には、血行を促し、脂肪が蓄積するのを防ぐといわれています。

正しいデトックス方法は、主食・主菜・副菜をきちんと揃えた、バランスよい食事がポイントです。さらに、食品添加物を含んだ加工食品に頼るよりも、手料理がおすすめです。料理のレパートリーを増えれば、作るのも食べるのも楽しみになりそうですね。

Sponsored Link

ポイント(3)理想は「ゆるデトックス」

美容のためには断食やハードなエクササイズ、長時間のサウナなど、身体に負荷の大きいデトックス方法はおすすめできません。本当にきれいになりたい人には、過激なデトックスを一時的に行うのではなく、穏やかなデトックスを長く実践することがおすすめです。
目指すべきは身体にやさしく続けやすい、「ゆるデトックス」。お仕事のある日も、朝や就寝前にヨガやストレッチなどを行って、適度に汗をかきましょう。
早寝早起きも大切です。生活リズムが整えば、身体を動かしたり、料理をしたりと、いろいろなことに取り組む余裕が生まれます。ゆるデトックスを生活習慣に組み込んで、毒素をためない身体づくりをしましょう。

まとめ

デトックスの基本は体のめぐりをよくして、毒素をため込まないこと。そのためには、バランスよい食生活と適度な運動が大切です。自分が心地よいと感じる「ゆるデトックス」を実践して、体の内側からきれいになりましょう!

 - ビューティー, ビューティー&ヘルス, ヘルス