趣味を料理にするメリットとは?趣味と言える基準や趣味にする方法をご紹介!

   

日常生活で役立つ趣味といえば料理。ある程度は出来るという人も多い中、料理を趣味と言う基準は難しいですよね。毎日でも使える趣味だからこそ、メリットもたくさん。趣味を料理にするメリットとこれから趣味にする方法などをたっぷりご紹介します。

料理を趣味にするメリット

料理を趣味にするとメリットがたくさん

今は趣味とはいえないけれど、いつかは趣味にしたいと思っている人もいますよね。趣味を料理にすることで生まれるメリットを紹介します。

節約になる

自炊をすることで大幅な節約に。少しお洒落なレストランで食べるパスタは1,000円以上することもありますよね。自宅で作ればお店で食べるお金の半分以下で済むことが多いです。飲食店やコンビニの料理の値段設定には、食材費の他に人件費や場所代がプラスされています。

Sponsored Link

ポイントは一週間の献立を考えておくこと。事前に献立を考えておくことによって食材に無駄がなくなり、節約になります。最初は面倒だと感じても料理に慣れると冷蔵庫に残っているものでその日の献立を考えられるようになるはず。継続して続けていると料理や節約のコツが自然にわかってきます。

集中力が高まり効率がよくなる

料理は、段取りが多く集中を要するもの。食材を切ったり炒めたりする単純作業はいつのまにか没頭できます。集中力が高まる上に、他に悩み事があっても料理をしている間は没頭出来ます。

また、料理に慣れてくると時間を短縮するために効率を考えるようになるはず。煮ている間に使った食器を洗ったり、次の料理を準備するなどを繰り返しているうちに段取りが上手くなるというメリットがあります。

日常生活で身についた段取りは仕事で活躍することも。料理で物事の考え方が変わり、効率アップに繋がります。

健康的になる

外食やコンビニごはんだとついつい自分の好きなものだけを食べてしまいがち。自炊の良いところは自分で食材を選んでいるため、バランスの良い食事の意識が出来ることです。
作ることに慣れて料理が好きになってくると、スーパーで売っている食材の栄養などに興味が出てくることも。特にスーパーには旬の食材が売っています。この時期にはこの食材、というような食材の知識が自然についてくるものです。
バランス良く食べようとしても、外食だと頼む品数が多くなって高くついてしまうこともあるはず。自炊であれば自分で使う食材をコントロール出来るのでその心配もありません。

創造力が高まる

暖色系の色は食欲を増幅させる、という効果があるように、料理は目で楽しむものでもあります。そのためには使う食材で仕上がりの色を想像したり、盛り付けを工夫したりする必要も。ただ食事をするためだけでなく料理は非常にクリエイティブな趣味でもあります。見た目以外に味の面でもレシピにひと工夫してみると新しい味が見つかるかもしれません。カレーに隠し味としてチョコレートを入れることがありますが、そのような隠し味やアレンジを料理に加えることも楽しみ方の一つです。

Sponsored Link

人に喜ばれる

料理が趣味になると「人に食べてもらいたい」と思うことも増えるはず。家族はもちろん、友人や同僚を家に招いてホームパーティーをする機会も増えるかもしれません。食事を一緒にするということはコミュニケーションの幅も広がり、人を喜ばせることも出来ます。人のために料理をすることは料理をより楽しむことにも繋がるでしょう。
また、「胃袋を掴む」という言葉がありますが、趣味が料理ということは異性にアピール出来るポイントでもあります。

ホームパーティ料理を楽しみたい→女子会向け簡単おしゃれなおつまみレシピアイデア集!
段取り上手に→ホームパーティー準備と段取りコツ

料理を趣味にするには?

料理を趣味にする第一歩

まだ料理=趣味とはいえないけれど、料理を趣味にする第一歩はどのように始めたらいいのでしょうか。

まずはレシピを見て作ってみる

まず第一に慣れていなくても作ってみることが大切。まったくの料理初心者が自己流で料理を作ることは難しいのでまずはレシピを見ながら作ってみましょう。

一日ずつの献立が載っているレシピ本や手順を細かく説明している動画が便利です。始めは時間がかかったり、配分がうまく計算出来ずに食材が余ったりするかもしれません。続けていくことでなんとなく味付けの仕方がわかってきたり食材を使い切るポイントがわかってくるはず。継続することが大切です。

最初は簡単な料理から始めてみる

最初から難しく凝ったものにチャレンジする必要はありません。むしろ最初から工程が多いものに挑戦するとすぐに嫌になってしまうことも。まずは材料もステップも少ない簡単な料理からスタートすることがおすすめです。

例えば、最初はサラダやスープ、炒めものなど副菜だけ作ってみてもいいですね。基本の野菜の切り方や自分の好みの味付けなどを知ることが出来ます。徐々にステップアップしていくやり方であれば飽きる心配がなく、難しすぎて投げ出してしまうことも少ないでしょう。最初はバランスなどは考えずに自分の好物を作ってみてもいいでしょう。
また、数多く作るうち、似た食材で応用できるようになったり、味付けのアレンジを工夫したくなってくるはずです。

人に振る舞ってみる

料理を始めたばかりのときは人に出すことを躊躇うこともありますよね。まずは家族など身近な人達に振る舞ってみましょう。人からの感想は励みになり、反省点も見つかりやすいです。自分の技術の上達のためには、なるべく素直な感想を言ってくれる人を選ぶことがおすすめです。
自信が持てるようになってくれば、人に振る舞うことが楽しくなってくるはず。料理が得意になればお花見のお弁当など、イベントでも大活躍中出来ますね。

記録する

料理を作ったら写真を撮って記録することがおすすめ。盛り付けや食材の彩りなど、客観的に確認出来るので次の料理の参考にもなります。さらにSNSなど人目につくコミュニティに投稿すれば、人の反応を知ることも出来ます。同じように料理を投稿している人の写真を見れば勉強になることも。
作ったものを人目に出すことは自分の成長に繋がります

人に教えてもらう

何かを習得するためには人に教えてもらうことも大切。まずは、「野菜を洗う」「切る」だけなどの手伝いからはじめて近くで料理をするところを見るだけでも参考になります。

自分で調べて実践することで覚えやすいこともありますが、人の意見を参考にすることで自分の考えも広がります。親や料理の得意な友人に聞くなどして自分の幅を広げましょう。同じ趣味の友達がいれば楽しく続けられるもの。SNSなどで友達を作ってみてもいいですね。
費用はかかりますが料理教室に通うこともひとつの手です。

趣味=料理と言える基準とは?

趣味=料理の基準は人それぞれ

自分では料理が得意と思っていても、人に趣味として紹介してもいいのか悩むときもありますよね。趣味と言うと=料理が得意な人と思われることも多いはずです。基準はもちろん人それぞれ。
一般的に料理が趣味とあげる場合の例を挙げていきます。

レシピを見なくても料理が出来る

趣味が料理というひとはレシピを見なくても、冷蔵庫の残り物などでサッと料理出来るケースが多いですね。レシピを見たとしても自分流にアレンジでしたり、その味がすぐ想像出来るということも大切なポイントです。

趣味というのは、必要性がなくても時間をかけて好んですること。自然とアレンジができてしまうほどたくさんの料理を作っている人が多いのも特徴です。

バランスの良い献立を組み立てられる

趣味が料理となると自宅で料理を振る舞ったり、お呼ばれをしたときに差し入れを持っていくこともありますよね。そのときにポイントとなるのがバランス。人に振る舞う場合は栄養バランスや見た目を気にすると喜ばれます。

料理を多くしていると自然にメイン料理とサブのバランスを考えたり、カロリー計算なども気を遣うようになります。栄養は、自分一人で食事をするときも大切ですが、人に振る舞う場合は更に重要。それが相手への思いやりにも繋がります。

凝った料理が作れる

和食や手の込んだ料理を作れることも料理が趣味と言えるポイント。人を招いたとき、レストランでしか食べられないようなものが出てきたら感動してもらえるはずです。具体的には魚をおろさなければいけないものや、和食などが挙げられます。その中で包丁さばきも重要。にんじんを花形にしたり、きちんと食べやすい大きさになっていたり、全ての食材の大きさが均等であることなども判断の基準となります。
味噌汁などの出汁にも注目。時間がないときに非常に便利な素も販売されていますが、昆布や煮干しなど食材から出汁を取れると一気に本格的な料理に。料理が趣味というひとは、いざという時にはインスタントに頼らず、1から作る事も。

もちろん、時間がないときには適度にインスタントや電子レンジグッズなども上手に活用。バランス感覚も大事です。

準備から片付けまでの手際が良い

料理には段取りも必要。せっかく美味しそうな料理が作れても、キッチンが汚れていたり食器や生ゴミが溢れていたら残念な気持ちになりますよね。
料理しながら食器を片付けるなど手際の良さも重要。作った後の片付けは面倒になるものです。準備から片付けまでのトータルの時間を短縮することも大切です。特に人を招いているときは料理自体の見た目だけでなく、キッチンの見た目にもこだわりましょう。

テンションが上がるキッチン用品

お気に入りのグッズを使うと更に料理が楽しい

お気に入りのキッチン道具が見つかれば、自然にテンションが上がり、料理がもっと楽しくなるはず。おしゃれでかわいいキッチン用品を紹介します。

煮込み料理が一気にプロの味に!見た目も可愛いル・クルーゼ


キッチンにル・クルーゼが置いてあるだけで、美味しい煮込み料理を期待してしまいますよね。実際に同じ料理をル・クルーゼと他の鍋で作ったときに違いに気づくはず。秘密は、熱伝導。素材に均一にムラなく熱が通るので旨味を最大限に引き出してくれます。煮るだけでなく、蒸す、炒める、揚げるもこなす万能ぶり。少々、高くても一生モノとして使えます。
デザインも豊富で、そのままテーブルに出してもおしゃれですね。

シックな黒いプレートで盛り付けにこなれ感!スレート


黒い天然石で無造作に料理を置くだけでも、おしゃれなおもてなし料理にも見えてしまうことからSNSでも人気。価格もお手頃で、手入れも楽。普通のお皿と同じように扱えます。洋食だけでなく、焼き魚やお寿司を載せても素敵ですね。
使い勝手抜群で、盛り付けがワンランクアップします。

リンゴ型がキュートなバスケット

[ アフタヌーンティー リビング ] AfternoonTea LIVING アップル型バスケット その他

アフタヌーンティーリビング アップル型バスケット

使わないときは折り畳んで置いておける収納にも便利なバスケット。リンゴの形がキュートな一品です。フルーツはもちろん野菜やパンなども入れておけばかわいさ抜群。キッチンやダイニングテーブルに置いておくだけでテンションが上がります。

料理には欠かせない!カッティングボード

ルクルーゼ メープルウッド カッティングボード 木製 965005-00-00
ルクルーゼ メープルウッド カッティングボード

カラフルな鍋でも有名なルクルーゼのカッティングボード。最高級の天然素材を使用したルクルーゼのウッドキッチンウェアは使えば使うほどに手に馴染み、味わいが増します。木だとお手入れが面倒と思うかもしれませんがコーティング加工をされているので安心。木のぬくもりがキッチンになるだけでおしゃれな印象になります。まな板としてだけではなくお皿としても使えることもポイント。食器は料理を印象づける大切なツールです。ホームパーティーでも大活躍しそうですね。

ルクルーゼ メープルウッド カッティングボード 木製

ルクルーゼ メープルウッド カッティングボード 木製

3,378円(05/21 15:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

調味料が固まらない!見た目もかわいい調味料ケース

ドライキャニスターペアー小さじ付き シュガー&ソルト 150243

ドライキャニスターペア シュガー&ソルト

海外の家にありそうな見た目もおしゃれなシュガー&ソルトケース。塩や砂糖は保存容器に入れておくと湿気で固まってしまうことがありますよね。このケースには蓋にシリコンのパッキンがついていることが特徴。蓋が隙間なくぴったりと閉まるので中身を適切な湿度にしてくれます。そのため中身はサラサラに。付属のスプーンやケースに持ち手がついているので使うときも便利です。デザイン性と機能性を兼ね揃えた商品です。

ドライキャニスターペアー小さじ付き シュガー&ソルト

ドライキャニスターペアー小さじ付き シュガー&ソルト

2,759円(05/21 15:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ

料理を趣味にする方法、メリットなどをご紹介しました。まだ趣味とは言えない人も少しずつ練習し、慣れていけば楽しさを見出だせるはず。料理をマスターすれば、人間関係も広がり人生が豊かになることも。是非参考にしてみてください。

Sponsored Link

 - フード, 趣味 ,