戻らない正月太りをリセットする8つのコツ!原因と解消法を知って太らない!

   

お正月太りの原因は、クリスマスメニュー、年末年始の飲み会の増加、実家でゴロゴロしながら食べるおせちなど様々。

お正月休みは約1週間程度と短いですが、この期間には太る原因が多く潜んでおり、約半数の女子が平均して2kg体重が増加する傾向にあると言われています!

そこで今回は、お正月太りの原因と、お正月太りを解消するダイエットのコツを8つご紹介したいと思います。

お正月に太る原因って?

おせちは、砂糖や塩分がたっぷり

年末やお正月はカロリーが高めの食事が多くなり、休みへ入ると実家へ帰省してダラダラ過ごしてしまいがちですよね。

クリスマスは揚げ物やケーキを食べることが多くなるので、特に太りやすい食事であることは分かると思います。

しかし、和食で低カロリーだと思いがちなお餅やおせちも実はお正月太りの原因となってしまうことをご存じでしたか?

おせちは元々日持ちをさせるために作るので、砂糖や塩をたっぷりと使っています。

砂糖を使った甘い料理はお菓子と同じように中毒性があってついつい食べ過ぎてしまいますし、塩分はむくみを引き起こし体重増加の原因となってしまいます。

またお餅も白米の1.3倍程のカロリーがあるので、お餅がメインとなるお正月は知らないうちにカロリーを取り過ぎてしまっているのです。

さらに普段の生活よりも動くことが減り脂肪が溜まりやすいのはもちろんのこと、お正月休みを引きずりダラダラ過ごす期間が長引くと、徐々に筋肉が減り基礎代謝も下がってしまいます。

このように、年末年始やお正月特有の食事事情と運動不足により、お正月太りとなってしまうのですね。

平均1.9kg増加!お正月太りが戻らない人が59.2%も!

お正月は平均約2キロ増


2018年の「オレンジページくらし予報」調査によると、お正月太りで増える体重の平均は1.9kgだと言うことが分かっています。

普段から体重が増えないように意識している方でも、45.7%と半数近くがお正月太りを実感しているようです。

体重を意識している人でも太る


引用:オレンジページ暮らし予報より

しっかりとした体重管理の意識を持っていても、年末年始特有の宴会などの付き合いや太りやすい食事、運動不足が重なりお正月太りとなってしまうのですね。

さらに、この増えた体重が戻らない人が半数以上いるとのこと!

お正月太りが戻らない・・!

この数字から分かるように、お正月のダラダラした生活から普段の生活に戻っただけではお正月太りがなかなか解消されないと言うことが分かります。

食べ物が脂肪になるまで2週間!1月中が勝負。

脂肪が定着してない1月中に

お正月太りで体重が増えてしまったら、1月中に短期決戦で体重を減らしましょう。
実は、お正月に食べた分のカロリーは、まだ脂肪として体へ定着していないのです。その理由は、体を動かすエネルギー以外の余分なカロリーは、脂肪へ変わる前にまず肝臓へため込まれるためです。肝臓へ溜めた分のカロリーが一杯になると、徐々に脂肪へと変化し減らしにくい状態へ陥ってしまいます。

このような仕組みで、食べ物が脂肪へ変わるまでの期間は2週間程度と言われているのです。脂肪を燃焼することよりも、肝臓にため込まれているカロリーを消費する方が比較的簡単。

そのため、お正月明けからの2週間、1月中が一番体重が減りやすく、お正月太りを解消する鍵となります。

Sponsored Link

お正月太りリセットにおすすめの短期決戦ダイエットのコツ8選!

お正月太り解消は短期決戦で!


お正月太りをリセットするためには、休み明けの2週間が鍵だと言うことが分かりました。

この2週間の間に、いかに摂取カロリーを低くし消費カロリーを増やすかがお正月太り解消のコツとなります。ここからは短期でお正月にため込んだカロリーを一気に消費できるダイエット法を8つご紹介します。

少しきついものあるかもしれませんが、たった2週間で元の体型に戻れるならばやる気も出ますよね。あなたに合った方法で、痩せにくくなる前にスッキリとした体を手に入れてください!

週末断食で体をリセット!

断食だけ食事を控える

週末2日間の断食で摂取カロリーを大幅に抑え、お正月にため込んだ分のカロリーを一気に消費する方法です。休みの日だけなら仕事に支障が出ることもありません。
断食というと水しか飲まないイメージがあると思いますが、今、主流の断食は酵素ドリンクを使う「ファスティング」です。カロリーは抑えつつビタミンなどの栄養素はしっかりと摂れるので、健康的に痩せることができますよ。

ファストザイムは70種類以上の作物を3年半、繰り返し熟成発酵させて作った植物性乳酸菌発酵飲料。
酵素はもちろん、ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ファイトケミカルが豊富に含まれています。
また、長期熟成発酵で、栄養素がより消化吸収しやすい形になっています。
お正月に食べ過ぎた体をリセットするには、消化吸収しやすく不足しがちな栄養素を含んだ酵素ドリンクが便利。厳選された原材料70種類以上のファスティングドリンク


ファストザイム

夜限定置き換えダイエット

夕食をダイエットドリンクに


夕飯をスムージーやサラダなどの低カロリーなものに置き換える方法です。朝や昼に置き換えダイエットをするとお腹がすいてしまいますが、夜なら寝ている時間があるので簡単にこなすことができます。
寝ている間もカロリーは消費し続けています。睡眠中、夕飯の分のカロリーではなくお正月太りの分のカロリーを消費することができますよ。

利尿作用のあるキャベツでむくみ解消

利尿効果もあるキャベツをたっぷり


おせちは日持ちさせるために塩分が高くなっています。この塩分の影響で水分をため込み、むくんで体重が増えていることもあるのです。靴下の跡が以前よりも消えにくくなっていたら要注意。
利尿作用のあるキャベツを使ったレシピで、体内の水分を減らしましょう。
同時に食物繊維も摂れるので、便秘解消にも繋がりさらに体重を落とすことができますよ。

ビタミンB1を多く含む食べ物で代謝を上げる!

ビタミンB1たっぷりの納豆


おせちには栗きんとんの栗や芋、黒豆やかまぼこなど、糖質が多めのおかずが入っています。
ビタミンB1には、この糖質をエネルギーに変える作用があるのです。

豚肉や豆類に多く含まれているので、積極的に摂るようにしましょう。豚肉は脂身の少ないモモ、かた、ヒレ肉がおすすめです。また豆類も甘く煮たものではなく、納豆やきな粉がおすすめです。

通勤にウォーキング・自転車を取り入れる

通勤を運動時間に!


電車通勤の場合は1駅分歩く、駅までバスを使っている場合は自転車を使うなど、通勤の手段に運動を少しだけ取り入れましょう。少し遠いかな?と思っても2週間の短期間なので頑張れるはずです。

有酸素運動で脂肪も燃焼されますし、筋肉もついて基礎代謝が上がりさらに痩せやすい身体へ変化します。運動に加えて食事内容も見直せば、2kgくらいなら簡単に落とすことができますよ。

ジムの無料体験をはしごする

ジムの無料体験を活用


外での運動はちょっと寒くて苦手…。という方は、近くにあるジムの無料体験をはしごしてタダで正月太りを解消する環境を手に入れましょう。

筋トレ、ウォーキング、ランニングなど温かい場所でトレーニングに集中することができます。プロのトレーナーに見てもらうこともできるので、正しいやり方で効率よく短期間に痩せることができるでしょう。

力を入れるだけ筋トレダイエット

痩せたいところを意識して

年始めは忙しくて改めて運動をする時間がない…。という方は、普段の生活で筋肉に力を入れるように意識して過ごしましょう。長時間力を入れているだけでも、筋肉が付き脂肪も燃焼されます。
短期間で効率的に痩せるには、太ももやお腹などの筋肉の割合が多い場所に力を集中させるのがコツです。仕事中や家事をしている最中でもできるので、忙しい方向けのダイエット方法です。

まとめ

以上、お正月太りの原因と解消法をご紹介しました。2週間の短期決戦で、お正月に溜めこんでしまったカロリーを一気に消費しましょう!食事と運動どちらも取り入れると効果が感じられやすいですよ。

 - イベント, ビューティー, ビューティー&ヘルス, ヘルス, ライフスタイル ,