暇な休日ひとりでもいけるお出かけ先と有意義になる過ごし方20選

   

せっかくの休日なのに、ひとりぼっちで予定なし。こんなとき、ただダラダラと過ごすのでは勿体ないですよね。ひとりだからこそ行ける場所や、取り組めることもたくさんあります。休日の過ごし方がマンネリ化している、無駄に過ごしていると感じている人は、ぜひこれを機に新しい楽しみを見つけてみてはいかがでしょうか?今回は、ひとりで過ごす休日におすすめのお出かけスポットや休日の楽しみ方をご紹介します!

ひとりだから行ける!美術館でアートな気分

美術館は一人だからこそ楽しめる


ひとりだからこそ楽しめるお出かけ先といえば、美術館は外せません。静かな館内に飾られる、数々のアート作品。美術鑑賞をするなら誰にも邪魔されず、自分のペースで見て回りたいですよね。美術館は大小さまざまですが、メインである常設展示のほか、その時々で変わる期間展示が設けられている場合が多いものです。すでに行ったことがある美術館も、何度か足を運んでみれば、新たな作品に出合えるかもしれません。
美術館の楽しみ方付きの書き込み式手帳。記録に残すと記憶もより鮮明に。何を書くか考えながら鑑賞するのも楽しいですね。

プラネタリウムで星の世界を堪能

神話や宇宙の不思議などもっと知りたくなる


プラネタリウムといえば、カップルや家族連れが行くものというイメージがあるかもしれません。しかし、場所にもよりますが、おひとり様の観覧客も珍しくありません。上映が始まれば照明が暗くなるため、人目を気にせず星の世界に没頭することができます。
薄暗い館内に映し出される星を見つめていると、日頃の疲れも癒されますよ。季節の星座やその日の日没時間など、星に関する情報を知ることができ、勉強にもなります。
家に帰ったらきっともっと星座を知りたくなるはず。まずは子供にもわかりやすい本がおすすめ!
 

アートギャラリーで新進気鋭の作家を発見

ギャラリー限定グッズもたのしみ


美術館ち並んでおすすめしたいのが期間限定の”アートギャラリー”です。美術館に比べると規模は小さいものの、無料で解放されている場合も多数。
アートギャラリーの醍醐味は、これからの美術界を担う、新進気鋭の作家に出会えることです。絵画だけでなく、オブジェやファッション用品、陶芸品など、他では出会えないような斬新な切り口のアート作品に出会えるでしょう。
なお、アートギャラリーは全国各地のギャラリースペースで随時実施されています。アートビートを初めとするイベント情報サイトでも検索可能です。

大型図書館で読書三昧!

カフェやイベントなど1日いてもあきない図書館


図書館といえば、小さいころや学生時代に利用したきり…という人も多いことでしょう。しかし、近年ではリニューアルによってオシャレで快適に変貌した図書館が続々。代表的なのは”金沢みらい図書館”や長野県小布施町にある”まちとしょテラソ”など。デザイナーズ建築による洗練された外観は一見すると図書館とは思えないほどです。その他にも、カフェを併設している図書館や、アーティストとのコラボイベントを行う図書館などもあります。読書はもちろん、さまざまな文化体験ができますね。
利便性重視で近場の図書館しか行ったことがない、という人はぜひ足を延ばして特色豊かな図書館を探してみてください。

東京では、千代田区立日比谷図書文化館。日比谷公園の緑を見ながらパソコンを持ち込んで調べ物をしたり・・なんてこともできます。プロントが経営するカフェも併設されており1日でものんびりできます。展示室もあり訪れるたびに好奇心を刺激してくれますね!

日比谷図書文化館

住所:東京都千代田区日比谷公園1-4
時間:月曜日〜金曜日 午前10時〜午後10時/土曜日 午前10時〜午後7時/日曜日・祝日 午前10時〜午後5時

また、都心から少し離れたところでは、武蔵野プレイスもおすすめ。中央線の武蔵境駅降りてすぐ。楕円型の窓が特徴的な外観がおしゃれ。平成23年にオープンしたばかりで外観もさることながら、中も広々としたオープンなスペースで近代的な空間に仕上がっています。おしゃれなカフェが併設され、子供から大人まで市民が思い思いに過ごす場(プレイス)になっています。

武蔵野プレイス

住所:武蔵野市境南町2-3-18
時間:9:30~22:00

博物館・資料館で情報収集


博物館といえば、子どもが遠足や課外学習で訪れる定番スポットです。子ども向けかと思いきや、大人が見てもためになる情報や、興味深い展示が多数ありますよ。博物館と一口にいっても、東京の”国立科学博物館”のようにサイエンスをメインにしたものから、渋谷区にある”たばこと塩の博物館”のように文化史にスポットを当てるものもあります。知識を深めたり、仕事で使う新たなアイディアを練ったりするのに、博物館はおすすめスポットです。

イベントカフェで新たな出会いが!?

異業種交流会やワークショプなどイベントが豊富


いまや全国各地、いたるところにあるカフェ。オシャレな空間でリラックスできるのはもちろん、情報発信やコミュニケーションの場としても活用されています。

休日のお出かけ先として注目したいのがイベントカフェです。飲食店として通常通り営業する傍ら、手作り品の講習会や、異業種交流会、ライブ、アート作品の展示などのイベントを実施しているカフェがあります。
イベントカフェの魅力は気軽に参加できることと、一人でも参加しやすいこと。参加費も500円~数千円と安価なイベントが多いため、ぜひ気軽に足を運んでみましょう。なお、イベント情報は各店舗のホームページ等でチェックしてみてくださいね。

晴れた日は庭園巡りでリフレッシュ

旧古河庭園。5月は約100種199株のバラと洋館、日本庭園をライトアップ


晴れた日のお出かけ先としておすすめなのが、庭園巡り。平日は家と職場の往復で、自然に触れる機会があまりない人も多いのではないでしょうか。そんな人こそ、緑あふれる美しい庭園を散策してリフレッシュしましょう。四季折々の自然の移り変わりを間近に見ることができます。
庭園に関する情報は、観光雑誌・サイトなどから入手可能。東京都では公園協会が庭園へ行こうと題したサイトで、国の特別名勝に指定されている浜離宮恩賜庭園小石川後楽園を紹介しています。また、バラが見事な旧古河庭園もおすすめ。インスタに投稿したくなる写真が撮れますよ。
ぜひお住まいのエリアの情報をチェックしてみてくださいね。

浜離宮恩賜庭園

住所:東京都中央区浜離宮庭園1-1
アクセス:都営地下鉄大江戸線「築地市場」「汐留」/ゆりかもめ「汐留」下車 徒歩7分
開園時間:9:00~17:00(入園16:30まで)
入園料:一般300円
※最新の情報はこちらでご確認ください

小石川後楽園

住所:東京都文京区後楽一丁目
アクセス:都営地下鉄大江戸線「飯田橋」徒歩3分
開園時間:9:00~17:00(入園16:30まで)
入園料:一般300円
※最新の情報はこちらでご確認ください

旧古河庭園

住所:東京都北区西ヶ原一丁目
アクセス:JR京浜東北線 「上中里」徒歩3分/東京メトロ南北線 「西ヶ原」徒歩7分
開園時間:9:00~17:00(入園16:30まで)
入園料:一般150円
※最新の情報はこちらでご確認ください


スポーツジムで徹底的に自分磨き!

美容だけでなく心身の向上に


休日は仕事でたまったストレスを吹き飛ばすチャンス。スポーツジムで汗を流して、ストレス解消してはいかがでしょうか。思いっきり身体を動かせば、気分爽快なうえ、ダイエットや体質改善にもつながります。
自分ひとりでは運動のモチベーションが上がらないという人は、ジムでパーソナルトレーナーの指導を受けるのもおすすめです。あなたにピッタリのトレーニングメニューをアドバイスしてくれますよ。

地下劇場で臨場感たっぷりの観劇体験!

臨場感は小劇場ならでは

地下劇場とは、知る人ぞ知る”アングラ劇団”が活躍する中小規模の劇場です。東京下北沢にある本多劇場は地下劇場の最高峰。本多劇場は駅周辺にいくつかの小劇場を構えており、4000円前後で生の芝居を楽しむことができます。地下劇場は全国各地にあり、「こんなところでお芝居を?」とびっくりするような穴場の劇場が多数ありますので、ぜひ近隣で探してみてくださいね。
こじんまりとした劇場で見る芝居は、臨場感たっぷり。映像では味わえない感覚です。これからの演劇界を担う役者さんに出会えるかもしれません。

お寺の一般公開イベント

写経や瞑想に参加するのもgood


仕事や恋愛、人生など…悩みや迷いを抱えている人におすすめしたいのが寺社巡りです。特に必見なのが、お寺・神社の一般公開。一般公開の日は、普段なら入ることができない寺社内部や、貴重なご本尊を見ることができます。
お寺・神社の荘厳な空気感を味わうと、自然に背筋が伸びる気持ちですよね。試験前・面接前など、勝負時にもおすすめです。
また、お寺でヨガなど若者むけのイベントも近年は盛ん。気になるお寺イベントがないかぜひチェックして。

甘いもの好きなら!自宅でお菓子作り

お菓子作りは趣味の定番!


甘いもの好きの人は、お菓子作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。自分へのご褒美にうってつけなスイーツ。しかし、ひとりでカフェやケーキ屋さんに行くと時間を持て余してしまい、ゆっくりできない人も多いのではないでしょうか。
食べたいスイーツを自分で手作りすれば、じっくり味わうことができます。作っている間も楽しむことができますね。多めに作って、日頃お世話になっている人にプレゼントするのもおすすめですよ。

お菓子のラッピングを工夫すれば配るのも楽しくなりますね!

おうちネイルアートで”自分時間”を確保!

デザインを考え没頭してしまいますね


せっかくの休日も、家にいるとつい、家事や仕事に手を伸ばしてしまうことがありますよね。手持ち無沙汰になると”やるべきこと”を探してしまう、そんな頑張り屋な女性には、ネイルケアがおすすめです。
定番のジェルネイルもちろん、仕事の関係でネイルアートはできないという人にも、ネイルケアはおすすめです。甘皮をきちんと処理して、爪の形を整えるだけで手元が明るく見えますよ。ネイルケアを通して、自分のための時間に没頭してみてはいかがでしょうか?

すぐに始められるジェルネイルキットなら、空いた時間にたのしめます。

フィールドヨガで心と体を開放する

外ヨガは、一度やるとその気持ちよさにはまります


平日と同じ感覚で、つい早起きしてしまった…そんな休日の朝にピッタリなのがフィールドヨガです。フィールドヨガとは、屋外でヨガをすること。場所は早朝の公園や川沿いなど、身体を動かせるスペースがあればどこでもOK。
ヨガマットを持参してポーズを取れば、室内でやるのとは違った開放感を味わうことができますよ。

最近は、コンパクトに畳めるヨガマットもあります

人生が変わる!?マインドフルネス瞑想

瞑想を習慣にするエグゼクティブは枚挙にいとまがない


瞑想によって心と脳を落ち着かせる、マインドフルネス瞑想。スタンフォード大学のスティーブン・マーフィー重松教授や、精神科のプロフェッショナルである久我谷医師がその有用性を発表し、話題を呼んでいます。

その実践法はいたってシンプルです。自分の意識を「いまここ」に集中させる。外部の刺激や悩み事など、他のことに意識を向けず、心を一つにすることで、脳の疲労を和らげ、ストレス解消に役立つといわれています。
「何をやってもうまくいかない」「仕事のストレスに対処しきれない」といったお悩みの突破口になってくれるかもしれません。
シンプルながら奥が深いマインドフルネス。ご興味がある人はぜひ書籍もチェックしてみてくださいね。


マインドフルネス瞑想の実践法が分かりやすく解説されています。ドラマ仕立てなので専門知識なしでも楽しく理解できます。

スタンフォード大学 マインドフルネス教室
マインドフルネスとは何なのか、なぜ現代人にマインドフルネス瞑想が必要なのか…一歩踏み込んだ内容を、著者の教授としての体験を交えながら紹介します。

資格の勉強でスキルアップ!

空いた時間でスキルアップ!楽しみも収入も増えますね


貴重な休日、「楽しむだけでは物足りない」という努力家の人には資格の勉強がおすすめです。仕事に関わる資格はもちろん、趣味と実益を兼ねた資格にもご注目。お酒好きな人は利酒師ソムリエ、オシャレ好きならパーソナルカラー検定パーソナルスタイリストなど、興味のある分野の資格を探してみてはいかがでしょうか?
資格は財産ともいわれます。取得しておけば転職など、イザというときにも役立つかもしれませんね。





スクラップブッキングで思い出を整理

思い出の写真や旅のチケットを好きにレイアウト


旅行先でもらったパンフレットや映画の半券など…”思い出の品”を眠らせていませんか?写真やチケットなど、思い出の品を「いつか整理しよう」と思って先延ばしにしている人も多いのではないでしょうか。
そんなときはスクラップノートを購入して、スクラップブッキングにチャレンジしてみましょう。写真などをペタペタと張り付けて、マスキングテープやシールで飾れば世界で一つだけのアルバムが出来上がりますよ。

コツコツ副業で収入・貯金アップ?

副業で本業波に稼ぐひとも!


休日は遊びたいけれどお金が心配、という人はぜひ副業にチャレンジしてみましょう。手軽にできる副業としては、美容モニターミステリーショッパーなどが人気。どちらもお客としてサービスを受け、アンケートに協力することでポイントや謝礼をもらえます。

本格的な副業としては、海外商品を輸入し、ネット上で販売する「個人バイヤー」や、株や投資信託で利益を得る「個人投資家」などなど。中には「本業より稼げる」という人もいますが、収入には個人差があります。まずは楽しみながら、収入アップにつながることを探してみましょう。
クーポンよりお得な覆面モニターで副業?! いつもの生活の中で無理なくできますね。



おうちカフェプレートでお腹も心も大満足

ワンプレートで色とりどりに


予定のない休日。何もしなくてもお腹は減るものですが、食事をインスタント食品で済ませてしまうのは勿体ない!どうせならおしゃれなメニューで気分をあげてみてはいかがでしょうか?
定番のパスタランチも、盛り付け方や食器を工夫するだけで、一気におしゃれになりますよ。自分ひとりだと一品料理に頼ってしまう、という人は、サラダやフルーツで彩りを添えれば、見た目だけでなく栄養バランスもよくなるでしょう。


おしゃれなランチョンマットでフォトジェニックに!

かわいい小物を手作り!ハンドクラフト

出来上がりを想像しながらコツコツと


おうちでの時間を格段に楽しくしてくれるのが、ハンドクラフトです。編み物や刺繍など、時間をかけて自分で作るグッズ類は、愛着も格別です。編み物でおすすめなのが、最近人気のズパゲティ幅広の布紐を編んでいくので、細かい作業が苦手な人でも取り組めますよ。短時間で作りたい人には動物の顔を毛糸で作る動物ポンポンがピッタリ。自分好みのサイズやカラーで作れるのがいいですね。


ズパゲティで手提げやポシェットなどを編む方法を解説。手作りの温かみがありながら、オシャレで洗練された作品が多数掲載されています。


毛糸を巻き付けて作った動物たち。「どうやって作ったの!?」と周りの人に注目されること間違いなしです。

本格カメラを持ってお出かけ!

一眼にしか撮れない瞬間を探しに


出かけたいけど、特に用事もない。こんな休日が続いているなら、思い切ってデジタル一眼レフを入手してみてはいかがでしょうか。デジタル一眼レフは年々、操作性や性能が高まっており、初心者でも手軽に高画質の写真を撮ることができます。本格的なカメラが1台あれば、その日からカメラライフがスタート。
「どこに・何をしにいけばいいの?」というお悩みとは無縁になるでしょう。



まとめ

日頃の疲れを癒し、リフレッシュするための休日。貴重な休日を充実して過ごすためにも、ぜひ行先や過ごし方を見直してみましょう。美術館やスポーツジムなど、ひとりで行った方が思いっきり楽しむことができる場所もあります。こちらでご紹介した内容を参考に、ぜひお気に入りの過ごし方を見つけてくださいね。

 - ライフスタイル ,